ドローンでこんなお悩みありませんか?

ドローンショップ仙台の「機体レンタル」を是非ご利用ください!

「機体が故障してしまった!修理したいけど直ぐに使用する用事が…」

「仕事中に故障してしまった!まだ仕事が残っているのに…」

でもそんな心配はご無用です!ドローンショップ仙台の「機体レンタル」を是非ご利用ください!

レンタル機の紹介

INSPIRE2 Premium Combo

INSPIRE2 Premium Combo
内容物個数備考
機体セット1個-
バッテリー4個予備含む
ZENMUSE X5S1個-
その他充電器等のアクセサリー1セット-
※タブレットは付帯致しません。

価格

日帰り 18,000(税込)
1泊2日 36,000(税込)
2泊3日 54,000(税込)
3泊4日 64,000(税込)

PHANTOM 4 PRO +

PHANTOM 4 PRO +
内容物個数備考
機体セット1個-
バッテリー3個予備含む
その他充電器等のアクセサリー1セット-
※タブレットは付帯致しません。

価格

日帰り 8,640(税込)
1泊2日 15,000(税込)
2泊3日 22,500(税込)
3泊4日 26,500(税込)

MAVIC PRO FLY MORE COMBO

MAVIC PRO FLY MORE COMBO
内容物個数備考
機体コンボセット1個-
バッテリー3個予備含む
その他充電器等のアクセサリー1セット-
※タブレットは付帯致しません。

価格

日帰り 4,500(税込)
1泊2日 9,000(税込)
2泊3日 13,500(税込)
3泊4日 18,000(税込)

ご利用の流れ

①お申込み

<お電話、メール、来店にてお申込み>

貸出中の場合、お断りする事がございます。

②製品受け取り

<店頭受け取り、お支払い>

※身分証明が必要になります。

※規約同意書に印鑑/サインが必要になります。

③ご返却

<店頭返却>

※付属の全製品をご返却ください。

※スタッフが部材のご確認をいたします。

コース【日帰り】【1泊2日】【2泊3日】【3泊4日】の起算は貸出日の翌日より起日致します。

ご利用条件

※必ず下記に記載されている「破損、紛失等による規約」「賠償責任保険」「レンタル利用規約」に同意いただきます。

※キャンセルにおける返金等は受付できません。予めご了承ください。

レンタル利用規約

破損、紛失等による規約

1.墜落等のお客様による破損
事故状況についてご報告いただき、故障した機体及び破損部品全てをご返却下さい。
破損状況、事故状況を確認させていただいた後に、お客様の修理ご負担額をご連絡いたします。

修理可能な場合のお客様の最大ご負担金額は下記の通りとなります。
PHANTOM4シリーズ———¥35,000
INSPIRE2シリーズ————¥150,000
MAVIC PRO———————¥38,000

修理が不可能な場合や製品をご返却いただけない場合は販売金額の100%を上限とする金額を申し受けますので予めご了承下さい。

以下の内容に該当する場合は修理費及び機体購入金額の実費を請求させていただきます。
◦利用規約に反する場合
◦法令に違反して使用されている間に生じた損害
◦海外での使用中に生じた損害
◦バッテリー不足によって生じた損害
◦雨、風、雪、雷、雹、砂塵等のこれらに類するもので生じた損害
◦機体の回収ができない(ロスト)場合
◦弊社故障審査により認められない場合
◦水濡れ/水没した場合 ※破損状態に関わらず修理不可となります。

2.機材の紛失・盗難
すでにお使いの場合はお貸出料金とは別に、機材の販売金額の100%を上限とする金額を申し受けます。

3.付属品、オプション機材の紛失・盗難
バッテリーやプロペラなど、オプション機材については、製品の販売金額の100%を上限とする金額を申し受けます。

■対応事故の一例
▪運悪く鳥にぶつかり墜落した場合
▪急な突風にあおられ、墜落した場合
▪落雷など偶発的な自然現象による墜落事故等

■注意事項
※規約、マニュアル外の操作をされた場合は、適応いたしません。
※破損部品を含め一式をご返却頂き、事故状況をお伝え頂いた場合に限り一部負担の対象と致します。
※レンタル機体・機材本体が対象となります。
※お客様や第三者の資産、物品、身体の損失・損害に対しては補償いたしません。★1
※撮影データの破損・読み込み不良による補償は致しかねます。
プライバシー保護のためご返却されたデータは消去致します。
当社にてデータの保管は一切行いませんのでご了承下さい。
※レンタル機材を海外へ持ち出した場合の紛失・破損は★1の対象外です。
※飛行動作以外(輸送中等)に生じた損害に対しては補償いたしません。
※機材の又貸しは禁止しております。(お申し込み者の名義にて保険契約を行うため)
※ドローンレースや、対象の人や物に無理に接近させる危険な撮影等に生じた損害は★1の対象外となります。
※万が一の賠償につきましては、別途ラジコン保険、個人賠償責任保険、施設賠償責任保険、各種保険の付帯特約などお客様ご自身で備えていただきますようお願いいたします。

賠償責任保険

弊社のドローンレンタル機体は、賠償責任保険に加入しております。
万が一のアクシデントによって第三者の身体や財物に損害を与えてしまった場合に備えた保険になります。

1.保険料金について
◦お客様による申し込み手続きは不要です。
※カメラスタビライザーや他のオプション製品は対象外となります。

2.保険金額
◦対人/対物:1事故につき最大1億円
自己負担額 :5万円

保険金額は、1回の事故について、身体障害・財物破損それぞれの賠償額を合算した金額が支払限度となります。

3.対応事故の一例
◦ドローンの操縦ミスにより墜落。歩行者に直撃して怪我を負わせてしまった。
◦ドローンが突風にあおられ壁に接触し墜落。停車中の車両に衝突し、傷をつけてしまった。

4.事故発生時
‣ 事故が発生した場合は、速やかに当社まで状況報告を行ってください。
‣ 免責に関してはお客様側に負担していただきます。

■注意事項
※弊社から貸与したドローンにのみ適応される保険です。
※以下の項目は、補償プランの適応外となります。
・お客様自身が故意に事故を発生させたと判断させていただいた場合
・弊社の起用規約に反してドローンを利用したことにより生じた損害
・操縦中のドローンの行方が分からなくなり、発見されなかったことによる損害
・地震、噴火、洪水、津波などの天災に起因する損害
※保険補償が適応されない損害、又は補償の限度額を超えた場合については、お客様のご負担となります。
※室内での事故は補償されない場合が御座います。
※タレント(演者)は補償の範囲に含まれません。
※日本国内のみ適応、海外での事故は対象外となります。
※事故時の修理見積書取得代金は、補償の範囲に含まれません。
※こちらの記載内容以上の保険・補償に関しては、お客様の方で個別にご契約下さい。
※補償の範囲に関しては、状況により一律判断致しかねる為、ご不明の場合はお気軽にお問い合わせください。

レンタル利用規約

ドローンレンタルサービス(以下当サービス)ご利用に当たりまして、当サービスをご利用いただく方は「レンタル利用規約」(本書)の事項に同意したものとします。
ドローンを飛行させる際、下記の厳守を行ってください。

1.法的な許可申請について
ドローンを飛行させる際、下記項目に該当する場合、航空局や空港事務所の許可承認が必要となりますのでご確認ください。

■許可が必要な場所
▪ 空港島の周辺
▪ 地表・水から150m以上の空域
▪ 人口集中地区の上空
また、ドローンを飛ばす場所に関わらず、飛行ルールを守る必要があります。
以下の条件でドローンを飛行させるには許可申請が必要となります。
✦ 日中(日の出から日没まで)以外の夜間飛行
✦ 目視(直接肉眼による)範囲外での飛行
✦ 人(第三者)又は物件(第三者の建物・自動車…等)との距離が30m未満の飛行
✦ イベント上空飛行(祭礼、縁日等人が多く集まる場所)
✦ 危険物の輸送
✦ ドローンから物を投下すること
これらのルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられることがあります。

2.レンタル物件について

レンタル物件貸し出しの際は、店頭にてお客様に同梱物や動作など然るべき確認を行っていただきます。
店頭にて確認後、機体に問題が発生した場合貸し出し日当日中にご連絡ください。
通知が遅れたことにより生じたすべての損害について当社は一切の責任を負いません。
全てのレンタル物件は、貸出前に十分にメンテナンス、整備やファームウェアの更新を実施しておりますが、輸送中、あるいは貸出期間中に最新ファームウェアのリリースや、センサー計器類にズレが生じることがあります。その場合、お客様においてファームウェアの更新やキャリブレーションの実施等をお願いいたします。

①レンタル物件のご使用について

ご使用の際には必ず、同封の対象物件の取り扱い説明書やドローン取り扱い基本ガイドを読み、正しくお使いください。
ご使用の度に製品のファームウェアの確認やキャリブレーションを実施してください。
弊社ではお客様がレンタルされる機材に関して、お客様の利用目的への適合性、有効性、正確性については一切保証致しかねます。使用目的に合わせた製品を事前にご確認頂いた上でレンタルしてください。

レンタル物件の利用保管についてはすべてお客様の責任において行ってください。
対象物件の取扱説明書に反する取り扱い、弊社Webサイトや関連サイトに記載されている注意や禁止事項に反する取り扱い、その他不適切な取り扱いをしたことによりお客様や第三者に損害が生じた場合、弊社はその責任を負いません。
対象物件の盗難、紛失等があった場合、お客様は直ちに弊社に通知して下さい。
製品代金に相当する費用をお支払いいただきます。

当サービスにおけるレンタル物件は、日本国内で使用することを前提としております。
お客様が対象物件を海外に持ち出すことは一切禁止致します。

ご使用される地域の規則やガイドラインに沿って運用することに同意したものとし、製品を使用するにあたって必要な届け出や申請等はすべてお客様が行うものとし、弊社は一切関与いたしません。

3.ご返却後の検収について

お客様からの返却があり次第、速やかに弊社でレンタル物件の検査を行い、問題が無いようでしたら検収とさせていただきます。
以下における費用が発生している場合、お客様へご連絡のうえ当契約で定める費用の請求書を発行させていただきます。
・返却品に問題がある場合
・キャンセルの場合
・延長の場合

4.注意、禁止事項

①お客様は、あらかじめ弊社の書面による承認を得ないで、本契約に基づく権利、義務又は財産の全部もしくは一部を第三者に譲渡し、継承させ又は担保に供してはなりません。

②レンタル物件が第三者からの差押、その他法律的、事実的侵害が発生し、又はそのおそれがある場合は、対象物件の所有権が弊社にある旨を主張し、直ちに弊社に通知、返却しなければなりません。

③お客様は、本件レンタルにあたり以下の行為を行ってはなりません。また、当該行為を誘引、助長または幇助する行為についても同様とします。
(1)本規約に違反する行為
(2)法令又は公序良俗にはする行為
(3)対象物件を第三者に譲渡、貸与、質入、担保権の設定等をする行為
(4)本件レンタルの目的と異なる不正な目的で利用する場合
(5)対象物件を分解、変形、改造、修理する行為
(6)対象物件に貼付されている弊社の所有権を表す表示を除去又は汚損する行為
(7)その他、弊社に不利益を与える行為

④お客様が前項各号のいずれかに該当する場合には、弊社は何らの催告もなく、お客様に対し対象物件の利用停止、レンタル契約の解除その他の必要な是正処置をとることができるものとします。それによりお客様に不利益または損害が生じた場合であっても、弊社は一切責任を負わないものとします。また、レンタル料金の返却は一切致しません。

5.解除及び期限の利益喪失

①お客様が以下の各号いずれかに該当したときは、弊社は催告及び自己の債務の履行をしないで直ちに個別契約の全部又は一部を解除できるとします。尚、この場合でも損害賠償の請求を妨げられません。
(1)個別契約の一つでも違反したとき
(2)監督官庁から営業停止又は営業免許もしくは営業登録の取り消し等の処分を受けたとき
(3)差押、仮差押、仮処分、強制執行、担保権の実行としての競売、租税滞納処分その他これらに準ずる手続きが開始されたとき
(4)破産、民事再生、会社更生又は特別清算の手続開始決定等の申立てがなされたとき
(5)自ら振り出し又は引き受けた手形もしくは小切手が一回でも不渡りとなったとき、又は支払停止状態に至ったとき
(6)合併による消滅、資本の減少、営業の廃止・変更又は解散決議がなされたとき
(7)災害、労働争議等、個別契約の履行を困難にする事項が生じたとき
(8)その他、資産、信用又は支払能力に重大な変更を生じたとき
(9)お客様に対する詐術その他の背信的行為があったとき

②お客様が前項各号のいずれかに該当した場合、お客様は当然に本契約及びその他弊社との間で締結した契約から生じる一切の債務について期限の利益を失い、お客様は弊社に対して、その時点においてお客様が負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。

③お客様が第1項各号のいずれかに該当したことにより本契約または個別契約の全部または一部が解除された場合には、お客様は、直ちにレンタル物件を個別契約で定める場所へ返却しなければなりません。

6.免責事項

①天災地変、電力制限、輸送機関の事故、争議行為、仕入れ先の債務不履行その他弊社の責に帰することのできない事由により、レンタル物件の返却が遅れ、又は引き渡しが不能となった場合、弊社はその責を負わないものとします。

②お客様のレンタル物件の使用、保管に起因して、お客様及び第三者に損害が生じた場合についても、お客様の責任において処理し、この場合弊社はその責任を負わないものとします。

③個々の取引におけるレンタル物件のレンタルに関し、弊社の責に帰すべき事由その他の事由によって弊社がお客様に対して損害賠償責任を負担する場合の責任は、お客様の出捐したことによる直接損害に限り、かつ、個別契約におけるレンタル料相当額を上限とします。

④レンタル物件の不具合等に関わらず、レンタル物件に起因してお客様又は第三者に生じた間接被害、特別損害、結果的損害(納期の遅れや撮影着手待ち等による逸失利益、機会損失、損害の拡大等をいう)については、弊社はその責任を負わないものとします。

⑤弊社は、レンタル物件に関してお客様の利用目的への適合性、有効性、正確性については一切保証致しません。

⑥弊社サイトに記載のある弊社営業時間外、弊社の定める定休日にご連絡を頂いたとしても、一切の対応を致しかねます。

7.損害補償について

①お客様のレンタル物件の保管・使用に起因して第三者に対し人的・物的な損害を発生させた場合は、お客様の責任において速やかに損害の程度に相当する額を当該第三者に賠償金として支払うこととします。

②返却後のレンタル物件が、お客様の使用方法・取り扱いの不備・保管方法の不備等により破損、紛失、汚損等、貸し出された時の現状と異なる場合は、修理費及び修理期間に相応したレンタル料金をお客様へ請求させて頂きます。

③貸出期間中、レンタル物件の搬出入・運送・積み下ろし等に伴う事故に起因する損害は原則としてお客様の負担とします。

④貸出期間中、物件が盗難、紛失、滅失した場合、お客様に対し、レンタル物件の時価相当額をご請求させていただきます。

⑤お客様は、契約の解除、解約又は本契約に違反することにより、弊社に損害を与えたときは、その損害全て(弁護士費用及びその他の実費を含む)を賠償しなければなりません。

⑥お客様は、レンタル物件返還が完了するまで、本契約に定められた義務を履行しなければなりません。

8.通知義務

弊社およびお客様は、個別契約期間中、契約締結時から下記の事項について変更が生じた場合、相手方に対し通知しなければなりません。
(1)個別契約者の名称
(2)振込先指定口座の変更
(3)代表者の変更
(4)配送先の住所
9.遅延損害金

お客様が個別契約に基づく金銭債務の支払を遅延したときは、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年14.6%の割合による遅延損害金を弊社へ支払うものとします。

10.管轄裁判所

本件レンタルに関して裁判手続きの必要が生じた場合、弊社所在地の管轄裁判所を合意管轄裁判所とします。

11.協議事項

本規約に定めのない事項が生じた場合および本規約の解釈に疑義が生じた場合は、弊社とお客様の間で誠実に協議のうえ解決するものとします。

以上